運動不足や偏食、喫煙等、不規則な生活になりがちな方がたくさんいると思います。そんな方々に規則正しく健やかな生活にするために必要な生活習慣の方法をご紹介します。この情報を見て、自分に適切な生活リズムを見つけましょう!

日経ヘルスに学ぶ、呼吸法で生活習慣病を防ぐ

最近増えているのが生活習慣病であり、運動不足や偏食に加え、喫煙や飲酒によって引き起こります。ストレスが多いことも大きく関係しています。生活習慣病とは、読んで字の如く、日頃の生活習慣が病気の進行に関わっています。生活習慣病にかかると動脈硬化が起きることがあります。動脈硬化とは血管が硬くなり、弾力性を失うというものです。血管の壁にコレステロールがたまり、血液の流れも悪くなります。そしてさらに悪化すると、血栓ができてしまい、血管が完全にふさがってしまうことがあります。そうなると命の危険もあります。しかも恐ろしいのは、本人が自覚がないことです。知らない間に病気はどんどん進行し、後で取り返しのつかないことになります。ちなみに「日経ヘルス」という雑誌には、そのような生活習慣病を改善し、快適な生活を送るにはどうしたらよいか、様々な情報が掲載されています。早いうちに自分の健康に対する意識を高め、病気を予防することが必要かもしれません。日経ヘルスには、以前、呼吸法について取り上げられていたことがありました。日頃私たちは浅い呼吸しかしておらず、肺の3分の1ぐらいは空気の入れ替えができていません。その結果、血液中に酸素が十分に行き渡っていない状態になっています。呼吸法によって酸素がうまく巡回すれば血液の流れも非常によくなり、種々の病気の改善につながると言われています。ちょっと意識を変えるだけで呼吸はとても深くなりますから、これはぜひお勧めであります。そして、正しい呼吸法を身につけ、健康に対する意識をアップさせるきっかけにするためにも、この機会に「日経ヘルス」の定期購読を始めてみるとよいかもしれません。